LOCAL SDGs ACTION

ローカルSDGsアクション

ローカルSDGsアクションとは

2015年のSDGs採択から5年が経過した今、国連は、
目標年次である2030年までの10年間を「行動の10年」とし、
SDGs達成に向けた取組を加速することを強く呼びかけています。

こうした中、地域での活動のヒントにしていただくため、
日本各地で展開されているSDGsの取組(ローカルSDGsアクション)の好事例を集約しました。

「行動の10年」におけるSDGsの取組のヒントとしてご活用ください。

ローカルアクションへの期待

自治体によるSDGsの取組について識見を有する法政大学川久保准教授からの、
地域で取り組まれているSDGsの取組の動向や期待に係るメッセージ

川久保 俊

川久保 俊

慶應義塾大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。博士(工学)。
2017年10月より法政大学デザイン工学部准教授(現職)。
専門は建築/都市環境工学。ローカルSDGsの提唱者。

各地域のローカルSDGsアクション

陸前高田市SDGs推進プラットフォーム

岩手県陸前高田市

陸前高田市SDGs推進プラットフォーム

会員同士の交流や情報交換を通じて、各々の活動の活性化を目指し、企業や団体等によるSDGsの達成に向けた幅広い活動の推進を目的に設立した「陸前高田市SDGs推進プラットフォーム」における会員の事例紹介

郡山市「COOL CHOICE」

福島県郡山市

郡山市「COOL CHOICE」

本市は、平成29年6月5日に、地球温暖化対策の推進に資するあらゆる「賢い選択」を促す運動である「COOL CHOICE」に賛同し、市内の事業者や団体等と連携した取組みを展開している。また、幅広い年齢層への啓発のため、「郡山市YouTubeチャンネル」での動画配信等を実施している。

神奈川県・神奈川県小田原市共同事業つながりポイント「おだちん」

神奈川県・神奈川県小田原市

神奈川県・神奈川県小田原市共同事業
つながりポイント「おだちん」

アプリを活用した「SDGsつながりポイント」事業では、「人と人」、「地域と人」、「地域を良くしたい想い」がつながるイベントへの参加や行動をすると、「おだちん」(小田原のポイントの単位)が得られます。もらった「おだちん」は、その地域ならではの特別な体験などに使えます。

川崎ブレイブサンダースSDGsプロジェクト「&ONE」

神奈川県川崎市

川崎ブレイブサンダースSDGsプロジェクト
「&ONE」

川崎市をホームタウンとしたBリーグに所属するプロバスケットボールチームの川崎ブレイブサンダースは、SDGsに取り組んでいます。バスケットボールやホームゲームを通じて、すべての人に「健康」と「働きがい」の機会を提供し、川崎をより「住んで幸せな街」にすることにコミットします。

1杯からはじめよう! 脱・使い捨てアクション麻布大学×アサヒビール(株)×SC相模原×相模原市役所

神奈川県相模原市

1杯からはじめよう! 脱・使い捨てアクション
麻布大学×アサヒビール(株)
×SC相模原×相模原市役所

産官学民の連係プレーでハットトリック!SDGsの3つのゴールを狙います!アサヒビールとパナソニックが共同開発したエコカップ・森のタンブラーを活用して、麻布大学・アサヒビール(株)・サッカーJリーグのSC相模原・相模原市は、サポーターとともにプラ容器等の使い捨て削減に取り組んでいます。

めがねのまちさばえのSDGs

福井県鯖江市

めがねのまちさばえのSDGs

2020年9月にオープンした「さばえSDGs推進センター」を中心に、産官学民が連携を図り、情報を共有しながら、様々な事業を展開し、市民一人一人が「自分事として行動する」ことができるよう、女性活躍、ジェンダー平等の実現を軸として取り組んでいる、鯖江市のSDGs推進について紹介。

SDGs diary movie(TRIANGLE)

長野県

SDGs diary movie(TRIANGLE)

長野県では、県民の皆さんにSDGsを身近に感じていただき、具体的な取組につなげていただけるよう、県内でSDGsを実践している方を紹介する動画を配信しています。例えば、地域の方々から寄付していただいた洋服を、次の人へ繋いでいく、県立大生が運営する古着屋の取組などを紹介しています。

SDGs未来都市とよた

静岡県富士市

はたらきたい人みんながはたらけるまち
~富士市が広めるユニバーサル就労~

静岡県富士市では誰一人取り残されない社会にするべく「ユニバーサル就労」を推進しています。障害者など働きづらさがある方でも、その方の希望や特性に合う働きがいのある仕事に就くことができます。はたらきたい人みんながはたらけるまちを目指して、市民や企業が一丸となって取り組んでいます。

SDGs未来都市とよた

愛知県豊田市

SDGs未来都市とよた

50年ビジョン
未来都市とよたが目指す“豊かな暮らし” 豊田市未来都市研究会が、豊田市の50年後の将来都市像についてビジョンとしてまとめました。

SAKURAプロジェクト
環境に優しく災害時には非常用電源として活用できる外部給電機能を備えた次世代自動車の普及啓発に取り組みます。

滋賀県におけるマザーレイクゴールズ(MLGs)の取組

滋賀県

滋賀県におけるマザーレイクゴールズ
(MLGs)の取組

マザーレイクゴールズ(MLGs)は琵琶湖版のSDGsとして、2030年に向けて滋賀独自のゴールを設定するものです。いわば、琵琶湖を通じてSDGsをアクションまで落とし込むと同時に、琵琶湖を通じて自分たちの活動がSDGsにつながっていることを発見する仕組みがMLGsです。

グッドサイクルいこま

奈良県生駒市

グッドサイクルいこま

「自分のために踏み出した一歩が、まちや人とつながって違う誰かの一歩になる」生駒市は誰もが活躍でき、チャレンジを応援するまちを目指し様々な取組をしています。市民の方がママの好きや得意を応援する目的で立ち上げた「いこママまるしぇ」がきっかけで次々と好循環を生んだ事例を紹介しています。

グッドサイクルいこま

岡山県真庭市

「上流のごみは、下流へ流れ着く」「そのバトンは、受け取れない」

海洋プラスチックなどの海ごみのほとんどは川を通じて流れ出た内陸の生活ごみといわれています。海ごみ問題の解決には内陸の人々の意識・行動変革がとても重要です。上流のまちこそが海ごみ対策のフロンティアであるという自覚を持ち、上流からの海ごみ対策に取り組んでいます。

Industry4.0を駆使したスマート6次産業化モデル構築事業

長崎県壱岐市

Industry4.0を駆使した
スマート6次産業化モデル構築事業

IoTやAIどの先進技術を1次産業 に取り入れ、対話交流による技術の共有と学習、環境改善への応用を実現し、Industry4.0を駆使した新たな6次産業モデルを確立する。

TOP